ブログ

行政書士になったミュージシャンのブログ

銀行は雨の日に傘を貸さない!?(1)

2015年 10月 02日

創業融資

傘ネコ

久しぶりの投稿になってしまいました。
ありがたいことに、9月は実に数十人のお客様と融資、補助金、会社設立、会計記帳と同時に複数件のやりとりをしていたため、てんやわんやでした。
これだけ忙しかったのは開業以来でございます。
本当に感謝です。

さて、今回は、お客様からもご相談頂いた内容なのですが、「起業時に融資を受けるべきかどうか」について解説してみたいと思います。

❚起業時の融資を受けるべき2つの理由

①リスクヘッジ

まず、前提として貯金にしても融資にしても、現金で使えるお金が手元にほとんどない状態で事業を始めることはお勧めしません。
事業を始めると必ずと言っていいほど予期せぬ出費が発生するからです。

そのため、事業を始めるときには必ず資金計画のシュミレーションをすることをお勧めしています。あくまで計画と言えばそれまでなのですが、数字に落とし込むと、頭の中だけで考えていたものが不思議と具体的になってきます。
売上がどれくらい上がる事業なのか、そして仕入れにかかる費用はいくらか、経費はいくらか、こういったことを落とし込んでいく作業をしてから事業を始めるのとそうではないのでは、リスクヘッジに大きな差が生まれます。リスクを予め想定しておけば、致命的な損害にならずに済んだ、なんてことは往々にしてありますよね。

目的はリスクヘッジですから、予測はバラ色にしてはいけません。
すると、今の貯蓄を考えるとほとんどギリギリで回る計画になるかも知れません。
このギリギリの計画で、もし予想外の出費が多額に発生場合、個人事業の方は「事業の財布=個人の財布」ですので、一気に破産してしまいます。
そうなる前に、誰からかお金を借りなくてはなりません。
しかし、そんな多額を貸してくれる人はなかなか見当たらないのではないでしょうか。

となると、向かう先は銀行です。

銀行に融資を打診します。
銀行は右肩下がりの事業成績を見て、「よし、貸してあげよう!」となるでしょうか。
「銀行は雨の日に傘を貸さない」と言われています。
つまり、業績がいい時には進んで貸してくれるのに、業績が悪くなって資金繰りに困ると途端に貸してくれなくなることを揶揄しています。
次回のブログでは「赤字だと融資は受けられないのか!?」について詳しく解説したいと思いますが、赤字での融資打診は圧倒的に不利だということだけはお伝えしておきます。

もうお気づきかも知れませんが、
実績が赤字にならない究極の「晴れ」のタイミングは、「創業時」です。

「借りられるときに借りておく」

これが、融資の鉄則であり、資金繰りをうまく回すコツでもあります。

ミニチュアお金

② 現金がメンタルの余裕になる

すぐに使える現金があるというのは経営に非常に有利に働きます。
仮に現金が来月の仕入れ分しか手元に無い場合、その仕入れ以上の利益は生まれません。
逆に自由に使える余剰資金があったらどうでしょう。

仕入れは通常通り行いながらも、更に宣伝広告に投資した場合、将来的には更に大きな売り上げを生むことができるかも知れません。
しかし私が個人的に更に大事だと思っているのは、万が一商品が売れなくてもその時点で倒産することがないという心の余裕です。
このメンタルの余裕は、想像以上に大きなものです。
当月がダメだった時も通帳を見て「あと半年はやっていけるな…」と思えるかどうかは、それを経験した経営者でないと分からない何とも言えない安堵感があります。
かくいう私も、開業時に日本政策金融公庫から新創業融資を自ら受けており、起業当初は何度通帳を見て安心したことでしょう(笑)。

冗談ではなく、然るべき時に然るべき出資や投資ができるというのは事業を拡大しながら回していく上で必要不可欠ですし、それを可能にさせるのが「いつでも使える現金」であるわけです。

❚まとめ

大きく上記に上げた理由から、私は起業時の融資をお勧めしています。

しかし、事業の規模にそぐわない金額を借りるのも考え物です。
借金はやはり借金ですので、返済が待っています。

先ほどの資金計画のシュミレーションを行って、いつ、いくらの返済が発生するのか、それを返せる利益が発生する見込みがあるのか、これらを慎重に考えてみる必要があると思います。


「ご利用は計画的に」


某ノンバンクのキャッチフレーズですが、
実に的を得たフレーズだと思うのは私だけでしょうか。


次回の(2)に続きます。
(2)では、「赤字だと融資は受けられないのか!?」について解説したいと思います。

カテゴリ

リンク

最新の記事

アーカイブ